マンションと戸建てではこんなに違う!修繕への対処方法

>

お金のかかる外装修繕は戸建ての悩みのタネ

マンションの外装修繕は管理側の役目

マンションは集合住宅ですので、外壁や屋根などの外装部分の修繕は基本的に管理者にお任せしておけばいいのが利点です。

マンションでは共益費の一部として修繕積立金を毎月徴収していて、それぞれのマンションで違いはあるものの、およそ15年に一度の割合で外壁などの修繕工事が行われますので、修繕時期や費用についての心配は要りません。
外装の工事は管理者側で発注しますので居住者が関わることはできませんが、もしも欠損を見つけたら速やかに管理者に報告しましょう。

ただし自分のミスで間違って傷をつけてしまった場合には、その修理費用は自分で負担することになりますので注意が必要です。
外装はマンション全体の共有部分であるということを念頭に置いておきましょう。

戸建ての外装修繕は自分の判断で

マンションでは修繕積立金を徴収していますが、戸建てでは自分で外装の修繕時期を決めておいて、それに向けて計画的に貯蓄しておくのが得策です。

一般的に、戸建ての屋根や外壁の張替えは10~15年が目安と言われています。
外装の修繕料金は高額になることが予想されますので、生活に影響が出てから慌てて修理を頼むよりも数年に一度は定期点検をしてもらうのをおすすめします。
小さなキズをその都度修繕していく方が費用は少なくて済みますし、大事になる前に対処できます。

大切な持ち家に少しでも長く安心して住み続けたいなら、こまめな点検と対策は必須です。
特に高所部分の屋根や外壁のキズは普段気がつきにくいので、定期的に点検をしてもらいましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る