マンションと戸建てではこんなに違う!修繕への対処方法

>

修繕とリフォームをごっちゃにしていませんか?

マンションの壁や床は共有部分に含まれる

マンションで壁紙や床の張替えを考える際には、まず分譲マンションは建物が共有部分と専有部分に分かれているという集合住宅であるという点を理解しておく必要があります。

集合住宅である以上、購入していても壁や床などは共有部分としてみなされますので、手を加えるにあたってはある程度の制限がある場合が多いです。
どのくらいまで修繕してよいかについてはそれぞれのマンションによって差異がありますが、マンションの管理規約などに詳細が示されておりますので事前に確認しておきましょう。

戸建てと違い、マンションにおける内装の修繕は購入者の都合で自由に行えるわけではないので、管理者側に手続きの方法などについて相談するのがベストです。

マンションの内装修繕は管理規約の範囲内で

マンションでは、壁や床を修繕するにあたっては施工内容などが記載された届出書を管理者側に提出し、許可をもらったうえでようやくスタートすることになります。

壁や床は共有部分に該当するので、穴を開けたり削ったりするのは禁止されているところが多いです。
また同じ張り替えでも、もともとあった壁紙や床材を剥がしてから張り替えるのか上張りするのかの違いがあります。
上張りのみ認められている場合もありますし、特に床は遮音等級が定められていますので管理規約で確認しておいてください。

業者が出入りしたり多少の騒音が出たりしますので、工事前には近隣の居住者に修繕についてのごあいさつをしておくのもマンションでの大切なマナーです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る